FC2ブログ
ローマンシェードにも色々な種類があります。

プレーンシェード、シャープシェード、バルーンシェード、
オーストリアン、ピーコック、ムース、フロントバー、フォード、ルース、・・・。

最近はプレーンシェードのことを主にシェードと言っています。

以前、タックシェードを注文したところ
『 なんですか?それ?』 と真顔でたずねられたことがあります。

御社のカタログに載っている商品なのに・・・。

まだまだ業界で名称が統一されていないスタイルも多いです。


2012y07m02d_161804984.jpg


コード式かとドラム式、どちらがいい?

小窓、腰窓ならコード式、掃きだし窓ならドラム式といわれています。
どちらを選ぶかというとドラム式をお奨めします。

コード式は、文字通りコードを引っ張ってシェードを上げ下げするタイプ。
コードを直接触れるので操作が簡単でよいです。

その分、コードを引きすぎてしまってシェードが降りない、
ストッパーが緩んでにシェードが勝手に降りてくるなどの問題もありました。

ドラム式は、軸でコードを巻き取るタイプ。

コードを直接触れないので傷みも少なく長持ちします。
チェーンの巻き上げも軽く静かになりました。急降下を防止する機能もついています。


2012y09m09d_103016406.jpg


プレーンか?シャープか?

プレーンシェードは、生地の表情そのものを楽しめるタイプ。
素材感や風合い、柄が生きる人気のデザインです。

シャープシェードは、等間隔で入っているバーがヨコのラインを強調します。
窓辺がスッキリしてモダンで引き締まった印象になります。


2012y08m30d_152454609.jpg


窓を隠すか?窓内に取り付けるべきか?

個人的には、窓を隠す正面付けがお奨めです。
窓内に取り付けると、生地の裏面に操作チェーンがあるのでつかみにくいです。

そのかわり、操作チェーンが隠れていいという意見もあります。
シェードの出が気になる方は窓内につければ邪魔になりません。



シェードは生地の洗濯や交換が手軽にできます。

カーテンに比べて、生地の要尺が少なくて済みますので、
気に入った生地に取り替えて模様替えを楽しんでくださいね。





     2012y02m09d_141121442.jpg


     窓・床・壁でお部屋は変わる。
     快適な生活空間づくりのご相談は 『 インテリア明和 』 へ。 


     にほんブログ村 - http://www.blogmura.com/
    インテリアショップのブログが勢揃い!

     人気ブログランキング - http://blog.with2.net/
    インテリアショップのブログをランキング!





ブログランキング・にほんブログ村へ
カーテン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示